生活を守る行為|コウモリ駆除は狂犬病を予防する為にも行なおう

複数人

生態を知る

男女

日本には、様々な野生動物が生息しています。コウモリもその中の一匹です。日本に生息しているコウモリは何種類かいますが、我々の生活を脅かしてしまう被害を出すコウモリの多くは、アブラコウモリです。体長はさほど大きくないので、危険視する必要があるのか迷ってしまいますが、集団で行動する習性があるアブラコウモリは大量の糞をまき散らしてしまいます。この糞が原因で、感染症が起こり体調が悪化してしまいます。

アブラコウモリは、非常に小柄な動物です。自分の体長よりも小さな穴や隙間から室内に侵入することができます。その為、使っていない納屋や天井裏などは彼らにとって最適な住処となってしまうのです。

コウモリ駆除を行なうには、時期や時間を見極める必要があります。コウモリは、夜行性なので、日中は静かな日陰に潜んでいます。太陽が沈んでいくにしたがい、行動が活発になってきます。コウモリ駆除の調査を行なうなら、彼らの動きが活発になる前に行なった方が良いでしょう。また、温かい場所や気候を好むので、寒い時期になってくると冬眠に備えます。コウモリ駆除を行なうなら、繁殖する前の冬眠時期を狙うと良いでしょう。コウモリ駆除は、条例上個人で勝手に行なうことは禁止されています。もしもコウモリ駆除を依頼したい時は、専門業者に依頼しましょう。事前の調査や詳しい詳細は、無料ダイヤルから確認できるので、ネットで検索してみましょう。値段やシステムも掲載されている専門業者のホームページもあります。